金沢らしいお土産を 百番屋のお菓子・九谷焼クラフト雑貨 | 石川県金沢市

どこか懐かしく、新しい。金沢のお菓子・九谷焼クラフト

0000565597.jpg

HOMENEWS ≫ 観音院の「四万六千日」にお参り ≫

観音院の「四万六千日」にお参り

0000565004.jpg
四万六千日のお参りに、東山の観音院へ行ってきました。

この日に観音院へお参りすると、四万六千日分、毎日お参りしたのと同じご利益があるとされている風習で、毎年旧暦の7月9日に行われます。今年は8月19日でした。

お堂から聴こえてくるお囃子の音にいざなわれながら石段を登っていきます。
本堂は朝からたくさんの人でにぎわっていました。
今年は日曜日ということもあり、例年よりもさらに多くの人が参拝に訪れたようです。

石段 観音院


境内では四万六千日の日だけ、祈祷されたとうきびのお守りが売られています。

とうきび売り場 とうきび売り場2

とうきび守り購入

これを家の軒先に吊るしておくと、魔除けや商売繁盛のご利益があるそうです。
東山地区では家やお店の玄関先でたくさん見かける光景です。

百番屋でもさっそく新しいとうきびを吊るしました!

店頭のとうきび守り

生のとうもろこしのお守りが手に入るのは毎年四万六千日の日だけですが、
キーホルダー型の小さな「とうきびお守り」はいつでも観音院で買うことができます。

とうきび守り

ひがし茶屋街に遊びに来た際は、ぜひ少し足をのばして観音院へお参りに行ってみてください。ひと味ちがった金沢の風習を感じられます。

2018年08月20日 15:14